学習机が将来の明暗を分けるのです|グングン伸びる勉強意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加

カビ対策にすのこベッド

枠組み

ベッドを使っている場合、気をつけなければならないのがカビ対策です。湿気がひどい場所でベッドを使っていると、マットレスにカビが繁殖してしまう可能性があります。これは、ベッドの通気性があまり良くない上に、マットレスを洗濯に出すことはあまりないからです。布団ならば外に干すだけでカビ対策にもなりますが、マットレスはその形状上あまり外に出すということは行いません。部屋の中を除湿したり、カビ対策をすればカビの発生は抑えることはできますが、やはりそれでも油断しているとカビはあっという間に繁殖します。カビの繁殖を防ぐ方法に、すのこベッドを使うというものがあります。すのこベッドはその名の通り、すのこをベッド状にしたものであり、従来のベッドよりも軽量化されています。特筆すべきは、通気性の高さです。すのこベッドは従来のベッドに比べると通気性が高いため、カビの発生を大幅におさえることができます。また、軽量であり、種類によっては折りたたんで収納もできるので一人暮らしの際には布団を使うような感覚で片付けて部屋を広く使えるというメリットも有ります。そして、お値段がリーズナブルなのも隠れたメリットです。購入する際の注意点としては、頑丈なものを選ぶことをおすすめします。軽量化された分、耐久性に若干不安が生じるため、安物を使うとすぐに壊れる可能性があるからです。そのため、頑丈なものを選び、利用しましょう。なお、通常のすのこを購入し、その上にマットレスを敷けば簡易すのこベッドとして利用することができます。